防災設備は人命に関わる重要な消防設備

防災設備というと、どのようなものがあるかといいますと、その範囲は幅広く、最もわかりやすいものといえば、マンションやアパート、商業施設などでよく目にする消火器やスプリンクラーなどをイメージされる方が多いかと思います。

防災設備をさらに分けるとするならば、消火設備、警報設備、避難設備、消防活動用設備に分類することができます。

それぞれみていきますと、

・消火設備:消火器、消火栓、スプリンクラー設備、不活性ガス消火設備、泡消火設備

・警報設備:火災報知機(熱感知器、煙探知器)、ガス漏れ警報機

・避難設備:誘導灯、避難はしご、非常用証明

・消防活動用設備:排煙設備、連結送水管設備など

このような分類となります。

これらの防災設備は、火災が起こった際に人命に関わる重要な消防設備です。

消防法のもと一定規模を超える建物の所有者、管理者、占有者などは、これらの設備について維持管理を行い、定期点検(消防設備点検)を行う義務があります。

有限会社ケーワイコーポレーションでは、消防設備の点検から、報告書の作成、消防署への報告書の提出、不備部分の工事やアフターフォローまでのサポートを行っております。

詳細はこちら

消防設備点検は防火対象物の関係者の義務である

消防設備点検は、消防用設備などを設置している防火対象物の関係者が報告するべき重要な点検として、消防法で義務付けられたもので、正しくは、「消防用設備等点検報告制度(消防法第第17条3の3)」というものです。

行政の言葉をそのまま読むと、少々分かりにくく、伝わりにくいかもしれませんが、簡単に説明すると、建物に火災が発生した際に使用する消火器、消火栓、スプリンクラー設備、自動火災報知器設備などといった消防用の設備を定期的に点検して、管轄する消防長または、消防署へ報告する義務のある制度です。

万が一、これらの消防用設備が正常に作動しなかったら、人命に関わる事態となる可能性があり、重要な点検制度となります。

火災はいつ起こるかわかりません。もしいつ火災が発生したとしても、人命を助ける手段となる消防用設備などの点検を実施しない、あるいは、虚偽の報告をした場合は、罰金、あるいは拘留が課せられる罰則規定が設けられています。

有限会社ケーワイコーポレーションは、愛知県一宮市にございます。これまでに数々の消防設備点検と、点検結果報告書の作成や消防署への提出、その後の工事やアフターフォローの実績がございます。

消防設備点検でお困りのことがございましたら、弊社までお問い合わせください。

詳細はこちら

消防設備点検の流れ

  • お問い合わせ

弊社で点検を希望する場合、まずはお問い合わせください。お問い合わせ方法はお電話。メール、ファックスの3つがあります。その後担当よりご連絡させていただきます。

 

  • 現地調査

お客様の都合がいい時に現地確認に伺います。その際、以前の点検結果報告書をご用意ください。

 

  • 点検日の確定

点検内容やお見積もりに納得していただけましたら、点検日程を確定します。また点検実施の10日前には、建物の入居者・テナント様に点検実施のご案内を配布させていただきます。

 

  • 消防設備点検の実施

3で決めた日程で消防設備点検を実施します。点検に関しては負担がかからないよう迅速に行わせていただきます。

 

  • 点検結果報告書の作成

点検結果が出ましたら、報告書を作成します。

 

  • 消防署へ点検報告書を提出

報告者に記名・捺印いただき、点検結果報告書を消防署へ提出いたします。

 

  • アフターメンテナンス

点検後、設備の誤報や故障などがありましたらお問い合わせください。しっかりと対応させていただきます。

 

消防設備点検はぜひ一宮のケーワイコーポレーションへご依頼ください。

詳細はこちら

防災設備を管理するために知っておくこと

今回は防災設備を設置している施設を管理している人が知っておかなければいけないことについて解説していきます。どれも重要なポイントになりますので、ぜひチェックしてくださいね。

 

  • 点検期間と回数

点検は年に2回あります。半年に1回外観点検と機能点検を実施し、1年に1回総合点検を実施します。点検は正確に行わなければ法律によって罰せられるので、しっかり回数と内容を覚えておきましょう。

 

  • 点検報告期間

点検報告期間は点検によって異なります。

特定防火対象物の場合には年に1回、非特定防火対象物の場合には3年に1回となっています。

特定防火対象物は、ホテルや飲食店、遊技場、病院等不特定多数の人が出入りできる建物で、非特定防火対象物は、学校、共同住宅、作業場、事務所など特定の人のみが出入りできる建物になります。

 

  • 罰則の内容

建物の管理者は、点検を行なった後消防機関へ点検結果を報告する義務があります。点検を行わなかったり、虚偽の結果を報告したりすると、30万円以下の罰金または拘留の罰が課せられます。

 

施設の管理者は上記の内容をしっかりと把握しておきましょう。

詳細はこちら

消防設備点検、防災訓練について

私たちケーワイコーポレーションは、愛知県一宮市を拠点として、消防設備点検、設備工事を行なっております。今回は弊社が行う消防設備点検について詳しく解説していきたいと思います。

 

消防設備点検とは、防火対象物の関係者に義務付けられたもので、設置された消化設備を定期的に点検するものです。点検結果は、消防長または消防署長に報告する必要があります。適切な点検を行うためには、正しい知識と経験が必要となりますので、消防設備点検は適切な業者に依頼しなければいけません。

 

点検の未実施や虚偽の報告をした場合には、罰金または拘留が課せられますので、消防設備点検は正しく正確に行い、しっかりと報告するようにしましょう。

 

また防災に関して義務付けられているものに防災訓練もあります。防災訓練は年に1回以上、特定用途防火対象物では年に2回以上行うことが義務付けられています。

防災訓練は消防訓練、避難誘導訓練、通報訓練の3つで、実施に関しては消防署への事前の届け出や訓練の記録が必要になります。

 

消防設備点検、防災訓練のサポートはぜひ弊社へ!

詳細はこちら

メニューを開く