防災設備を管理するために知っておくこと

今回は防災設備を設置している施設を管理している人が知っておかなければいけないことについて解説していきます。どれも重要なポイントになりますので、ぜひチェックしてくださいね。

 

  • 点検期間と回数

点検は年に2回あります。半年に1回外観点検と機能点検を実施し、1年に1回総合点検を実施します。点検は正確に行わなければ法律によって罰せられるので、しっかり回数と内容を覚えておきましょう。

 

  • 点検報告期間

点検報告期間は点検によって異なります。

特定防火対象物の場合には年に1回、非特定防火対象物の場合には3年に1回となっています。

特定防火対象物は、ホテルや飲食店、遊技場、病院等不特定多数の人が出入りできる建物で、非特定防火対象物は、学校、共同住宅、作業場、事務所など特定の人のみが出入りできる建物になります。

 

  • 罰則の内容

建物の管理者は、点検を行なった後消防機関へ点検結果を報告する義務があります。点検を行わなかったり、虚偽の結果を報告したりすると、30万円以下の罰金または拘留の罰が課せられます。

 

施設の管理者は上記の内容をしっかりと把握しておきましょう。

詳細はこちら

消防設備点検、防災訓練について

私たちケーワイコーポレーションは、愛知県一宮市を拠点として、消防設備点検、設備工事を行なっております。今回は弊社が行う消防設備点検について詳しく解説していきたいと思います。

 

消防設備点検とは、防火対象物の関係者に義務付けられたもので、設置された消化設備を定期的に点検するものです。点検結果は、消防長または消防署長に報告する必要があります。適切な点検を行うためには、正しい知識と経験が必要となりますので、消防設備点検は適切な業者に依頼しなければいけません。

 

点検の未実施や虚偽の報告をした場合には、罰金または拘留が課せられますので、消防設備点検は正しく正確に行い、しっかりと報告するようにしましょう。

 

また防災に関して義務付けられているものに防災訓練もあります。防災訓練は年に1回以上、特定用途防火対象物では年に2回以上行うことが義務付けられています。

防災訓練は消防訓練、避難誘導訓練、通報訓練の3つで、実施に関しては消防署への事前の届け出や訓練の記録が必要になります。

 

消防設備点検、防災訓練のサポートはぜひ弊社へ!

詳細はこちら

愛知県一宮市にある消防設備点検、設備工事の「有限会社 ケーワイコーポレーション」

愛知県一宮市にある消防設備点検と防災設備工事の「有限会社 ケーワイコーポレーション ~けーわいこーぽれーしょん~」「もしも」事態に備えるために消防設備点検や防災設備の工事は欠かせません。命を守る事に直結する業務だからこそ、しっかりとした対応と施工をさせていただいております。また、求人や協力業者様を募集しております。ぜひ、一度お問い合わせください。

詳細はこちら

メニューを開く