ケーワイコーポレーションの業務にまつわる豆知識 2

火災といういつ起こるかわからない事態に備える事はお客様にとって、避けることのできない必要事項ですので、いかに負担を最小限に抑えることができるかが、消防設備点検業者がお客様に対してできるサービスのひとつであると思います。

そんな思いを胸に、ケーワイコーポレーションは、一宮市を拠点に火災報知器や消火栓、スプリンクラーなどの消防設備点検、消防設備工事も行っております。

また、ケーワイコーポレーションは点検のみではなく、防災設備工事も対応可能です。

そんなケーワイコーポレーションから業務にまつわる豆知識を披露します。

ホテルニュージャパン火災

1982年2月8日東京赤坂の豪華ホテル「ホテルニュージャパン」で火災が起きました。

ホテルニュージャパンの火災は、死者33名史上最悪の「人災」と言われています。

火元は客のひとりの寝たばこが原因でしたが、設置されたスプリンクラーは機能せず、防火扉も閉まらない。

宿泊客が逃げ遅れる中、このホテルの社長はロビーにある「ルイ14世」という高級家具の運び出しに夢中だったそうです。

この史上最悪の大火災を境に、防火設備の設置はもちろん、定期的に点検と避難訓練が、義務化されることになりました。

 

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

ケーワイコーポレーションの業務にまつわる豆知識

ケーワイコーポレーションは、一宮市を拠点に火災報知器や消火栓、スプリンクラーなどの消防設備点検、消防設備工事も行っております。

火災といういつ起こるかわからない事態に備える事はお客様にとって、避けることのできない必要事項ですので、いかに負担を最小限に抑えることができるかが、消防設備点検業者がお客様に対してできるサービスのひとつであると思います。

そんなケーワイコーポレーションから業務にまつわる豆知識を披露します。

防火設備の不備が招いた事件

平成25年2月に長崎県の認知症グループホームの火災で77歳から90歳のお年寄りが5名も亡くなるという事件がありました。

火元は2階にあったリコール対象の加湿器で、充満した煙による一酸化炭素中毒が主な死亡原因でした。

以前から防火扉の不備を長崎市から繰り返し指導されていたにも関わらず、市の注意を無視し続け、それに加えて、スプリンクラーが設置されていなかったり、非難訓練を十分に実施していなかったなどの複数の過失が重なったケースでした。

この事件をきっかけに、自力避難が難しい人が入所する施設には原則スプリンクラーの設置が義務付けられるようななりました。

 

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

消防点検の費用

消防設備は定期的に点検を行わなければいけません。今回は、消防設備の点検にどれくらいの費用がかかるのか、簡単に紹介していきます。

 

・オフィルビル

オフィルビルの場合、1室あたり3000円程度で点検を行う場合が多いようです。また1000㎡未満の場合には、まとめて30000円が相場となっています。

 

・マンション

マンションは、点検の内容によって費用が変わってきます。消火器具や自動火災報知器の点検など、比較的簡単なものであれば35000円程度、屋内消火栓設備、非常電源専用受電設備など、高度なものになれば55000円程度が相場になっています。

 

・店舗

店舗においてもマンションと同様に点検の内容によって費用相場が変わります。消火器具、自動火災報知設備、誘導灯の点検は、18000円程度、これに非常警報器具及び設備が加わると30000円程度が相場となっています。

 

愛知県一宮市を中心に、幅広く消防点検を行なっているケーワイコーポレーションでは、安心のアフターフォロー付きで消防点検を行います。消防点検を無駄なく適切に行いたいという方は、ぜひ弊社までご相談いただければと思います。

 

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

消防点検の資格

たくさんの人が出入りする可能性がある場所には、消防設備を設置しなければいけないことが法律によって定められています。そしてその消防設備は定められた間隔で点検しなければいけません。今回は、消防設備を点検するために必要な資格についてお話ししたいと思います。

 

消防設備の点検は非常に高度で専門的な知識と技術を必要とします。そのため、点検を行える人は限られています。特に人命危険度の高い一定の防火対象物に設置されている消防設備に関しては、消防設備士または消防設備点検資格者でなければ点検することができません。

消防設備点検資格者の資格を取得するためには、申請書を提出して定められた講座を受講する必要があります。誰でも取得できる資格ではなく、受講資格がある方しか受講することはできません。

 

ケーワイコーポレーションでは、消防設備の点検も含め、消防設備に関係する仕事なら幅広く受けています。火災はいつ起きるかわからないものですので、事前にしっかりと消防設備の点検をしておくことをおすすめしています。弊社にはこれまでにたくさんの経験と実績がありますので、愛知県一宮市周辺で防災設備の点検を必要とされている方は、ぜひお気軽に弊社までご相談いただければと思います。

 

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

消防点検の種類

マンションの運営をされている方であれば、消防設備点検は必ず行わなければいけません。消防設備点検は、マンション管理者の義務であり、適切に行わなければ法律によって罰せられます。万が一の際に、きちんと消防設備が機能するためにも、消防設備点検は正しく行うようにしましょう。

 

消防点検には大きく2つの種類があります。

1つは、機器点検です。機器には、消火器などがあります。機器点検では、消火器などの機器が正常に作動するのか、確認するための点検です。機器点検は半年に1回行うことが義務付けられており、外観または簡易的な操作によって判別できる事項を確認します。

もう1つは、総合点検です。総合点検とは、消防用設備の全部または一部を作動させ、総合的に機能を点検するというものです。マンションに住んだことがある場合には、一度は経験したことがある点検だと思います。

 

愛知県一宮市に事務所を構えるケーワイコーポレーションでは、消火設備関係のお仕事を幅広く行なっています。万が一に備えるためにも、消火設備点検はぜひ弊社までご相談いただければと思います。

 

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

メニューを開く